松戸タウン情報

松戸市(まつどし)は、千葉県北西部に位置する市。市内の松戸、馬橋、小金地区は、古くは水戸街道の宿場町として栄え、近年は東京のベッドタウンとして発展してきた。千葉県内では千葉市、船橋市に次いで居住人口3位。

地理
千葉県の北西部に位置し、南北に流れる江戸川を西端としている。江戸川の左岸にあたる西部地域は海抜4m前後の低地で、水路が縦横に走り、宅地化が進んだ現在でも、水田や畑地が各所に見られる。東部地域は洪積地層からなる下総台地(海抜20-30m)の西端となっていて、現在では概ね住宅地が広がっているが、1960年代以前は、山林や果樹園などの畑が多く見られた。標高は市域のほぼ中央に位置する常盤平駅周辺が最も高く、ここを境にして、市内の河川は西に向かい東京湾へつづく江戸川水系と、東に向かい太平洋へ注ぎ込む東の手賀沼・利根川水系に分かれている。なお、市内を流れる坂川は、北千葉導水路の一部として江戸川に流れている。水戸街道と並走するようにJR常磐線が市の中西部から南北に貫き、北部(新松戸駅)で武蔵野線と交差している。松戸駅からは新京成線が分岐し、ほぼ市の中央の八柱駅にて武蔵野線新八柱駅と交差するように市の中央部を横断している。また、南部では北総鉄道が東西に走り、東松戸駅で武蔵野線と連絡している。江戸時代から水戸街道の宿場であった。現在の松戸駅西口に位置した旧宿場は、古くから東葛飾地域随一の商業拠点としてにぎわった。現在、東葛飾地域の商業拠点の座は柏駅近辺に移ったものの、松戸駅周辺は現在も松戸市の中心市街地となっている。1960年代から大規模住宅団地が市内各地に造成され、郊外型の住宅開発が進むと、常磐線・新京成線の鉄道駅周辺が商業施設などの集まる市街地として発展した。また、幹線道路の整備・拡幅に伴い、郊外型の商業施設が沿線に立地しているほか、小金や馬橋には昔からの商店街も残っている。

歴史
かつては水戸街道を中心に宿場町や村々で構成されていた。市内の松戸、小金はかつては宿場町となっていた。廃藩置県後の1878年(明治11年)は東葛飾郡役所が松戸駅(鉄道駅ではなく宿駅)に置かれ、現在でも松戸地区には国・県の出先機関が置かれる、東葛地域(旧東葛飾郡北部)の行政上の拠点都市の性格を持っている。(ウィキペディア参照)